ホーム > ニュース > ニュース
長春取引分団が第一回中国国際輸入博覧会に参加 ビジネスチャンスを探す
2018-11-08

 115日、第一回中国国際輸入博覧会が上海で盛大に開幕された。長春取引分団の購買者たちも参加してビジネスチャンスを探す。

 

 長春市商務局の情報によると、今年の6月から、長春市が第一回中国国際輸入博覧会の参加準備作業はすでに全面的にスタートし、副市長が団長を務めた長春取引分団を設立した。主に卸売小売、医療、教育、科学研究、文化、観光、スポーツ、輸入貿易など7類の企業の調達業者について積極的に展開している。

 

 「中国国際輸入博覧会」は長春市の企業にグローバル貿易に参加する機会を提供している。6日、長春取引分団の購買者代表が続々と展示会の現場に入ってきて、一連の交流、交渉、対話を経て、彼らはこのような直接、効率的な取引方式は、企業の視野を広げるだけでなく、企業の購買コストも節約し、企業の製品構造調整、技術の更新ないし加速発展にも大きく働きかける。

 

 また、輸入博覧会というプラットフォームを活用し、長春市の対外イメージと仕入れ取引の成果を世界に展示し、長春市の商業貿易貿の流通と対外経済貿易企業を深く国際協力に参加することを推進し、良質な消費品、良質な資金を長春市場に取り入れ、「長春市開放協力対話交渉会」が117日の午前中に行われる。家電製品、医療機器、消費電子、農産物など分野の10世帯の国内外出展者が長春市企業と対話を行う。欧亜集団、亜泰集団、皓月集団、興隆総保区、経開区、北湖科学技術開発区、長春華睿輸入自動車有限会社、長春天然ガス有限責任会社などの企業がそれぞれ国内外出展者と購買協議を結ぶ。