ホーム > ニュース > ニュース
水文化生態園はすべて準備が整う 10日にはライトショーをやる
2019-01-09

 昼間の長春水文化生態園は、濃い芸術的な雰囲気に富んでおり、夜の公園も華やかになる。10日、水文化生態園では、「最も眩しい」ライトショーをやり、市民と観光客に情熱に満ちた視覚的な盛会をもたらす。

 

 ここ数日、夜となると、水文化生態園では、作業員が投影設備をテストし調整する。夜の亜泰大街の入り口では、水波紋型のオフィスビルが画板になり、花や植物などの模様が建物の間に流れている。生態園の担当者によると、水波楼の結像面積は700平方メートルで、東北地方で最も凹凸の3 D投影建築であり、この建物が亜泰大街に隣接しているので、夜景の効果が豊富すぎて渋滞になりやすくて、時間帯を選択して展示し、19時までには静的投影で、生態園の活動の宣伝を主とし、19時以降には動的投影を行う。水波楼を除いて、3つのテーマエリアも丹念に設計して、煌びやかな映像効果を作り、生態園全体を夜色の中で輝かしくて咲く。

 

 ここに値するのは、ライトショーは園区の生態環境の保護を重視する。例えば、路線の配置はできるだけ生態園の中の野生動物の生息場所を避け、各種の動物の生物時計を正常に維持させ、工事中のすべての照明、設備のインストールは樹木に釘を刺さない、局部の照明はできるだけ光度を下げ、園区の全体環境と調和する。