ホーム > ニュース > ニュース
春節の間に農博園には約百種の花が咲く
2019-01-10

 

 現在、長春農博園には約百種の花があり、2019冬季農博会の間に「登場」することを待っている。今回の冬季農博会は春節に跨って、8日、記者が農博園を訪れ、花が展覧会の開幕や春節の間に咲くように、農博園の園芸師は多くの力をいれた。

 

 園区に入ると、記者が想像していた花海ではなく、逆にある花は保温膜に覆われ、ある花は陰冷な隅に置かれている。それは、様々な花は異なる花期があり、また属性も異なるからである。園芸師の王楊氏によると、園内の瓜葉菊、カラー馬蹄蓮、赤頂紅とチューリップは後に植え替えられたものである。これらの花は農博園に運ばれてから、まず温室で育てられ、花期を計算してから植えて、ある花は28日間ぐらいにかけて花が咲いて、ある花は35日間ぐらいで咲く。つまり、栽培期間に、花の照射と温度のコントロールはとても大切である。

 

 王楊氏が「光の照射は花には著しい影響があり、光照を延長して早咲き、光照を縮めて開花を遅らせる。光照の時間に敏感ではない花に対して、温度を増やしたり、温度を下げたりすることで花期を変え、切り揃えるなどの園芸栽培技術を通して、植物の成長スピードを調節し、花期を制御することができる。」と言った。

 

 敷地面積が6400平方メートルの展示エリアには100種以上の花が植えられており、また、今回の冬季農博会は特に7つのチューリップの品種を導入し、人々に愛されているバラ、ユリ、コウシンバラなどの花もある。現在、園芸師に世話されており、すべての花の勢いは良好で、展示会と春節の間に展示される。