ホーム > ニュース > ニュース
2018年全国空気品質ランキングが公布!長春の空気の品質改善程度は第二位になる
2019-01-11

 最近、生態環境部は2018年全国空気品質のランキングを発表し、全国の338つの地級とそれ以上の都市の平均優良天数の比例は79.3 %で、「十三五」の環境空気品質の2つの制約性指標の完成状況から見ると、PM 2.5が不合格となる262つの都市の平均濃度は43マイクログラム/立方メートルで、前年より10.4 %が降り、338つの都市の平均優良天数の比例は79.3 %で、前年より1.3%が増え、年間目標の要求に達した。

 

 空気の品質の比較的な改善程度から見ると、2018112月、169つの都市では、哈爾濱、長春、衡水市など20つ都市の空気の品質も比較的に改善される(第一位から同列19位となる)。