ホーム > ニュース > ニュース
長春国際陸港が「航天科学技術+物流」という新しいモードを実現
2019-02-01

 「知能物流」を発展させるのは、我が市の経済が転換とアップグレードとなる必然的な要求であり、高い品質の発展と新しい優勢を育成する積極的な取り組みでもある。30日、長春国際陸港発展有限会社と中国航天科学技術グループ西安マイクロエレクトロニクス研究所が共同で開発された「コンテナグローバルインテリジェント監視システム」がグローバル初発売となる。この物流産業革新製品の応用範囲が広くて、物流情報の共有を強化させ、輸送効率を向上させ、物流サービスの品質を改善させ、物流業界の知能アップグレードをリードする。

 

 「コンテナグローバルインテリジェント監視システム」は、北斗衛星技術に基づいて、「航天科学技術+物流」という新しいモデルを採用し、国際コンテナに対する全コース的な電子化監視を実現し、三周波数測位、温度湿度監視、三軸衝突度監視、異常侵入通報などの機能を備え、加速通関と全コース管理に有力な支持を提供することができる。

 

 以前、鉄道の越境輸送の路線が多いから変化が多くて、停泊駅が不安定すると運送過程における気候が製品の品質に対する影響が大きいなどの要素があるから、税関と製品の品質監督には盲点がある。現在、このシステムによって、監督者がIOTを利用して、リアルタイムでコンテナ貨物が輸送中の状態をコントロールすることができる。

 

 長春国際陸港発展有限会社会長の王玥氏によると、「コンテナグローバルインテリジェント監視システム」の普及は、税関の規制を強化させ、製品の品質を充実させ、越境コンテナ管理能力を向上させることに対する重要な意義を持っている。我が市の輸入商品のトレーサビリティシステムの発展に有利であるだけではなく、市民がさらなる新鮮でオリジナルな外国製品を購入することにも便利さを提供する。